セルライトとは

除去したいセルライトがある人は多いようです。

1970年代に、エステサロンを経営していたニコール・ロンサードという人が著した書籍によってセルライトという名称は有名になりました。

セルライトというものがよく知られるようになったのは、この本が非常によく売れたことがきっかけです。

2000年になってから、日本でもセルライトという単語は使われるようになりました。

広まったきっかけは美容広告やエステの案内などのようです。

セルライトという単語は「Cellule(細胞)+ ite(鉱物)」という2つのフランス語からきており、ニコール・ロンサードが広める前の頃からあった言葉のようです。

セルライトは、オレンジピールスキンとも言われています。

ともすると固い皮のように見えるためで、腹部や太もも、お尻など脂肪の多く蓄積するところに出やすいようです。

セルライトの正体は脂肪細胞であり、老廃物や水分が排出されずに集まって脂肪細胞を大きく見せている状態だといわれています。

セルライトを医学的に見た場合、皮下脂肪が蓄積されたことで脂肪細胞の境にある繊維芽細胞が押し上げられたことによって表皮から確認できるようになったものとされています。

皮下に存在する線維芽細胞とはコラーゲンやエラスチンといった肌に必要な成分を生成してくれる細胞のことです。

肌に問題が起きた時に解消をすることが、線維芽細胞が担っている役割です。

セルライトとされているものは繊維芽細胞の働きとして全く問題のないものであるため、医学的にはセルライトとは疾患ではなく、医学用語にもありません。

セルライトを問題視し、減らすことを勧めているのは、エステや美容クリニック、サプリメントや健康食品などのジャンルに留まっているようです。

マナラでぷるぷる@ホットクレンジングゲルお試しセット購入はトップページから